受付時間:12時~24時

080-3228-3980

News Information

2021年4月19日 4:38 AM えりか

「えりか」はフランジパニのエステティシャンである。

「えりか」はフランジパニの妹キャラでもある。

ルックス的なことをいうと、黒髪で小柄、色白で華奢だ。

清楚系もしくはロリ系と思っていただいて差し支えない。

目がキラキラしていて、いつもニコニコしている。

そして、距離感が近い。

物理的にも、精神的にも近い。

初めて会ったときからボディタッチが多く、ヘタするとそのまま腕を組んで歩き出しそうな勢いだった。

「えりか」自身、ハグが好きだと公言しているくらいだ。

普通、それなりに仲が良くないとできないと思う。

「あれ、そんなに仲良かったっけ?」

つい錯覚してしまう子だ。

しかし、決してイヤな気分にはならない。

むしろテンションが上がる。

「あー、こんな妹がいたらなぁ」

そんな気持ちにさせられる。

そんな「えりか」であるが、接客は問題なさそうである。

普段は口数が多めの楽しい子だが、研修中は一生懸命施術をしていた。

マッサージ中、気持ちよくてウトウトしてしまう時があると思う。

そんなときは安らかで心地よい雰囲気を味わわせてくれるだろう。

そう、「えりか」は空気が読めるエステティシャンなのだ。

エラいぞ「えりか」!

……こちらまで妹を見守るお兄ちゃんになった気分になってしまうのである。

施術に関しては、素人である。

ただ、筋はいい。

華奢な体のどこにそんなパワーがあるのだろう?というくらいの圧をかけてくれる。

「フランジパニ」の水準に達する程度には上手である。

そして、妹キャラにマッサージをしてもらうというのはいいものだ。

男なら誰でも一度は妄想するであろう。

かわいい妹とあんなことやこんなことをするシチュエーションを。

その一つが叶えられるに違いない。

と、ここで大事なことをお伝えしなければならない。

「えりか」はEカップである。

大事なことなのでもう一度言う。

「えりか」はEカップなのである。

華奢な体には少し不釣り合いな豊かさである。

定食を頼んだらご飯がドンブリで出てきたような衝撃である。

食べたものが全て胸につくのだろうか。

妹キャラというと、貧乳を連想される方もいるかと思われる。

しかし、「えりか」はそうではない。

その点はご注意いただきたい。

改めて情報を整理してみよう。

距離感が近く、ハグ好きでボディタッチの多い女の子。

その子の胸が突起しているのならば……

事故が起こるのは必然である。

ヘンな日本語であるが、男にとっての至福の瞬間は必ず訪れると思われる。

ぱふぱふという単語に夢を見てしまう我々が、ぽよーんと音が鳴りそうなその瞬間を待ち望まないなんてことがあるのだろうか。

けしからん!

実にけしからんおっぱいだ!

ありがとう!

そう言いたくもなると思う(笑)

「フランジパニ」の衣装はいいカンジにボディラインが分かっていいのだが。

こと「えりか」に関しては、セーラー服や体操服あたりを少し着せてみたい気分になった。

そんな店長の気持ちは、「えりか」にお会いしていただければお分かりいただけると思う。

最後に、タイプ的な話をしておこうと思う。

年下、ロリ、清楚、小柄、スレンダー、人懐っこいといったあたりの単語に魅力を感じる方には間違いなく超オススメである。

逆に、熟女とかぽっちゃり、淑女やギャル、女王様といった趣味趣向の方には正直薦めづらい。

しかし、そんな方でも気分を変えたいときにはぜひお試しいただきたい。

対極の世界で新たな悦楽を発見していただける自信はあるから。

こんな「えりか」ですが、どうかよろしくお願いします。
(妹を送り出す兄のような気分になってしまった)

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年8月13日 3:16 AM かな

「かな」はフランジパニのエステティシャンである。

 

「高嶺の花子さんかな?」

これが第一印象である。

キレイな顔立ち。

スラっと伸びた手足。

クールビューティである。

素晴らしいことだ。

 

だが、美人ならではの不安もあった。

「とっつきにくかったらどうしよう」

しかし、そんな不安は全くないようだ。

接客後、「かな」に感想を聞いてみた。

「かな」は言う。

「メチャメチャ楽しかったです!!!」

接客を楽しめるというのは強みだ。

楽しんでいることがお客様にも伝わる。

どちらもハッピーである。

そうなればフランジパニとしてもハッピーである。

 

さらに「かな」は言う。

「私、この仕事が向いてるかもしれません!」

実に素晴らしい。

仕事が向いているとはなかなか言えるものではない。

聞けば、男性の生態を知れて楽しいとのことだ。

男からしてみれば男性なんて単純な生き物であるが、彼女にはそうではないらしい。

みんな色んな個性があって、誰一人として同じ人はいないらしい。

当たり前っちゃ当たり前なのだが、目をキラキラして言われると説得力がある(笑)

 

あとは、何というか、砕けた話題が多いかもしれない。

正直書きづらいのだが、まぁ楽しいと思う(笑)

書けないことを匂わせている時点で面白いと感じ取っていただきたい。

 

美人で楽しい「かな」であるが、マッサージもしっかりしている。

それもそのはず、エステティシャンの経験もあるようだ。

その点についてもご安心いただきたい。

人を見た目で判断してはいけないと言うが、「かな」に関しては見た目で判断してはもったいない。

初めて顔を合わせた際「美人だな」と感じていただけると思う。

だがしかし、それでしゃべらないのはあまりにもったいない!

彼女の真の魅力は話してこそだ。

ぜひキラキラとした濃ゆいひとときをお楽しみいただきたい。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年3月9日 7:14 AM さや

「さや」はフランジパニのエステティシャンである。

そしてメンズエステにおいて、最も間違いのないタイプである。

世の男性はメンズエステのエステティシャンに何を求めるだろうか。

改めて考えてみる。

少なくとも言えるのは、街のマッサージ屋さんを選ばずに来てくださったということだ。

メンズエステは、必ず女性のエステティシャンが施術をする。

つまり、女性ならではのプラスアルファを求めているに違いない。

男性では出せない、女性らしい手さばきだろうか。

あるいは、二人きりで肌が触れるドキドキ感だろうか。

はたまた「男として生まれてきて良かった!」と思えるようなマッサージだろうか。

考えてみたが、たぶん全部正解だ笑

そして、かわいくてキレイな女性がそれをしてくれるから幸せなのだ!

それでこそ街のマッサージ屋さんの倍くらいのお金を払う価値があるというものである。

さて、冒頭「さや」は「最も間違いのないタイプ」と書いた。

その理由をようやく説明させてもらう。

まず、キレイな顔立ちである。

万人ウケするタイプのルックスだ。

年齢も20代中盤で、程よい。

穏やかな性格であり、人当たりもよい。

そして何よりマッサージが絶妙にうまい。

人肌の温もり。

コリをほぐす心地よさ。

電気が走るような気持ちよさ。

これらを使い分けるから、快感で腰が抜けそうになる。

穏やかな声なので若干ウトウトするのだが、快楽で即座に目覚めさせられる。

これでマッサージ歴もメンズエステ歴もほぼないというのだから末恐ろしい。

センスの塊なのだろう。

繰り返しになるが、メンズエステに求められているものは大きく2つだ。

エステティシャンの性格・ルックス、そして技術だ。

すでに書いたとおり、「さや」はどれも申し分ない。

店長として太鼓判が押せる存在だ。

安心して施術を受けてもらいたい。

ただし、油断すると骨抜きにされるだろう笑

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2016年9月1日 11:07 PM れな

「れな」はフランジパニのエステティシャンである。

前職がマッサージ関係だったようで、現在に至る。

通常メンズアロマが初めての女の子は、それに限らずどのような職であれ始めはそうだが、

緊張を隠せないのが常である。

しかし、彼女は物怖じしない性格なのか度胸があるように感じた。

全く緊張している様子はない。

明るく天真爛漫な性格で、周囲を巻き込んで場を盛り上げてくれる。

このような存在は、お店としても非常にありがたいのである。

音楽をかけると必ず歌いだす。知らない曲は鼻歌でごまかす。

ホットパンツ、ウエスト全開の露出度MAXで踊りだす。

撮影中もそこら辺を走り回るものだから、こちらが焦る;;

露出狂か!

そんな彼女だ。

マッサージ技術は申し分ない。アロマ系のマッサージだけでなく、ボディケア系も素質がある。

ちゃんと筋肉をつかんでいる。

腰のくびれは必見である。

人の腰はそこまでくびれるのか。

正直、「漫画か!」と思った。

本当にいい子なのは間違いない。

色白で、キメ細やかな肌の質感、オススメだ。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

お部屋は、キッテ・マルイ近辺、
博多消防署近辺、リッツファイブ近辺です!!

いそいでいそいで〜

思っていたより電話が鳴らない。誰か助けてください。

営業中のおさぼりにもどうぞ^^

営業中の休憩にどうぞ