受付時間:12時~24時(日曜日定休日)

080-3228-3980

News Information

2020年8月31日 4:48 AM らいむ

「らいむ」はフランジパニのエステティシャンである。

 

珍しい名前である。

彼女が望んだ名前だ。

ライムと言えば、ジントニックが思い起こされる。

そして、ジントニックと言えば、酒場ではバーテンダーの力量が試されるお酒だ。

「らいむ」を紹介する立場としては、お店を見定められるようで少し緊張する。

なんで「らいむ」という名前がいいか聞いてみても彼女はこう答えるだけだった。

「なんか珍しくていいじゃないですか」

何だか突拍子もないことを言いますね、あなた。

 

そんな「らいむ」、実はメッチャいい子である。

「実は」

これが大きなポイントなのである。

「実は」が伝わるまでに少し時間がかかると思われる。

どういうことかをこれからお伝えしたい。

 

面接に現れた「らいむ」は、美人ではあるが率直に言って不愛想に感じた。

会話を始めても、何だか素っ気ない。

でも、拒絶されてるわけでもない。

そんな、不思議な感覚にさせられた。

彼女が言うには、人見知りらしい。

緊張しているらしい。

なるほど、と思いかけた。

 

その次に彼女が言ったのはこうだった。

「大阪のノリが大好きで、移住まで考えてます」

なんでやねん!

思わず心の中で叫んでしまった。

人見知りなのに、大阪って一番キツいやん。

 

そんな感想も知らずに、「らいむ」は続ける。

「グイグイ来られるの、めっちゃ好きなんですよ」

よかった、拒絶されてなくて(笑)

そう分かってからは、徐々に笑顔が引き出せるようになってきた。

笑うととてもかわいい。

いい子である。

 

いい子だと気付くまでに小一時間かかった。

しかし、これはいいことでもあると思う。

最初だけいい人よりは、後からいい人だと思える人の方が信じられるものだ。

というわけで、「らいむ」を紹介するのには少しドキドキする。

彼女の良さが伝わってくれるか、祈るような気分だからだ。

ただ、打ち解けさえすれば、見返りはとても大きい。

美人だし、性格がいいし、面白い子だから。

 

研修をして思ったのは、マッサージに気持ちがこもっていることだ。

不機嫌にも見えるのに、額に汗して一生懸命つくしてくれる。

なんでやねん(笑)

大阪というより、ツッコミが得意な方にふさわしいと思われる。

ツッコミどころが多いから。

 

そんなことを考えると、おもむろに「らいむ」がこんなことを言った。

「私、めっちゃくちゃ胸がキレイなんです!」

サイトをご覧の皆様はお分かりいただけるかと思う。

当店の衣装はホットパンツというところに特徴がある。

強調されるのは、お尻だ。

なんでこのタイミングでそれを言い出したのかが疑問だ(笑)

そして、このコンセプトにしたことを初めて少しだけ悔やんだ。

しかし、キレイな方がいいに決まっているのでお伝えさせていただきます。

「らいむ」は胸がキレイだ。

残念ながら確認はできていないが。

 

最後に繰り返す。

「らいむ」はメッチャいい子である、実は。

彼女が面接の最後に言った言葉を覚えている。

「今日はお時間いただいて本当にありがとうございました」

それが言える彼女だから、接客の最後にはこう言っているのだろう。

「今日はお越しくださって本当にありがとうございました」

それって、めっちゃええ子やん。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2019年3月20日 6:07 PM みゆり

「みゆり」はフランジパニのエステティシャンである。

 

「色っぽい」

彼女を表現するのにしっくりくる一言だ。

タイプとしては、博多美人というより京美人っぽい。

非情に綺麗な顔立ちであり、細身でスレンダーである。

そして、動作がゆったりとしている。

決してトロいということではない。

ムダがなく、洗練された動き。

立ち振る舞いが美しい。

実にエレガントだ。

話し方も同様で、甘い口調が男心をくすぐる。

本人は「よくおっとりしてるってバカにされます」と言っているが。

舞妓さんは、こういう女性がなるのだろうかと思った。

舞妓さんに遭遇したことがないのでよく分からないが。

おっとりとはしているが、受け答えはとてもしっかりしている。

バカにされるとは言うが、全然バカでないことはすぐに分かる。

むしろ、どう考えても賢い。

高級クラブのホステスの如く、様々なジャンルの内容を拾ってくれる。

いや、高級クラブに行ったことがないのでよく分からないが。

そして、プライベートのことを多く語ろうとしない。

聞いたところで、いい具合に「フフフ」と笑ってかわされる。

ミステリアスである。

いい女とは、こういう女性のことを言うのだろう。

「もっと知りたい」という欲求にかられるかもしれない。

そう思ったら、すかさず「みゆり」を予約してほしい(笑)

男性&女性向けにリラクゼーションマッサージをした経験があるとのこと。

吸いついて包み込むような手さばき。

そして細やかな気遣いはそこで鍛えられたのだろう。

とても優雅で、まるで王様にでもなった気分にさせてくれる。

リラクゼーションとはこういうことかと教えてくれるセラピストだ。

メンズエステの経験がない、もしくは少ない方にこそ施術を受けてもらいたい。

必ずメンズエステの良さをお分かりいただけると自信を持って送り出せるエステティシャンである。

メンズエステの王道、癒しのひと時をぜひ体験してもらいたい

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2018年9月28日 6:41 PM しの

「しの」はフランジパニのエステティシャンである。

 

まだ蒸し暑い夏の日、お互いの服の特徴を伝えカフェの前で待ち合わせする。

「あ、あの子っぽいな。いいねぇ、美人からの問い合わせは実にありがたい。」

第一印象は美人!色白で小柄。目元ぱっちりで正統派の美形タイプ。

単に「美人」と表現すると、「堂々としていて、我が強く、周りにもチヤホヤされて育ったから一筋縄ではいかない感じ」という勝手なイメージを持っているのだが、どうやらそうではないらしい。

受け答えは腰が低く丁寧で真面目なのだが、どちらかというと「ひょうきん!??」

ユーモアも持ち合わせているので、コミュニケーション能力に長けている。

個室で二人きりになるメンズアロマにおいて、心地良いひと時を過ごすには必須の能力である。

仕事のやり取りでも、さりげない気遣いをしてくれる、「痒いところに手が届く」女性だ。

また、人の良いところを見つけるのがうまく、男性客のことを悪く言ったことがない。

まさに、男を立てるのが上手なエステティシャンだ。

リラクゼーションマッサージの経験があり、マッサージの方も申し分がない。

その上、練習を欠かさない向上心を持っている。

非の打ち所がない。

 

そんな彼女に趣味を聞いてみると、ゲームやアニメと言った答えが真っ先に返ってくる。

本人も自認する、軽いオタクのようだ。

一方で、バイクが好きだったりF1やフォーミュラ観戦もしたりと、意外な一面も持ち合わせている。

 

チョコレートが好きだと言うので「女の子らしい」と思って聞いてみると、カカオの含有率の説明を受けた。

ガチである。
オタクというより、何事にも本気なのだろう。

「失敗したくない」と思う方にこそ自信を持っておススメできる「間違いない」エステティシャンだ。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2016年9月1日 11:07 PM れな

「れな」はフランジパニのエステティシャンである。

前職がマッサージ関係だったようで、現在に至る。

通常メンズアロマが初めての女の子は、それに限らずどのような職であれ始めはそうだが、

緊張を隠せないのが常である。

しかし、彼女は物怖じしない性格なのか度胸があるように感じた。

全く緊張している様子はない。

明るく天真爛漫な性格で、周囲を巻き込んで場を盛り上げてくれる。

このような存在は、お店としても非常にありがたいのである。

音楽をかけると必ず歌いだす。知らない曲は鼻歌でごまかす。

ホットパンツ、ウエスト全開の露出度MAXで踊りだす。

撮影中もそこら辺を走り回るものだから、こちらが焦る;;

露出狂か!

そんな彼女だ。

マッサージ技術は申し分ない。アロマ系のマッサージだけでなく、ボディケア系も素質がある。

ちゃんと筋肉をつかんでいる。

腰のくびれは必見である。

人の腰はそこまでくびれるのか。

正直、「漫画か!」と思った。

本当にいい子なのは間違いない。

色白で、キメ細やかな肌の質感、オススメだ。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

お部屋は、キッテ・マルイ近辺、
博多消防署近辺、リッツファイブ近辺です!!

いそいでいそいで〜

思っていたより電話が鳴らない。誰か助けてください。

営業中のおさぼりにもどうぞ^^

営業中の休憩にどうぞ