受付時間:12時~24時

080-3228-3980

News Information

2021年8月9日 3:09 AM りお

「りお」はフランジパニのエステティシャンである。

 

ルックスは色白で小柄、かわいらしい子だ。

スタイルもよく、Tシャツの上から分かる、ほどよい胸の膨らみについ目がいってしまう。

目の保養になるだろう。

 

そして、女性向けのエステティシャンを経験している本格派だ。

人の肌に触れることに慣れており、施術が期待できる。

将来的にはエステを開業することを目指しており、意欲的でもある。

 

非常に整ったイメージを持たれる方もいるかもしれない。

そして、そのまま接客を受けるとこう思われるかもしれない。

『ちょっと、カタいかも?』

ちゃんとしてるからこそ、少し距離感を感じてしまう。

もしそう感じたとしても、心配はいらない。

単純な話で、緊張しているだけである。

初日の接客後はうまく接客できず、涙を流していた。

 

しかし、開業してやっていくには、新規客相手にも打ち解けなければならない。

将来に向けた志があるから、きっと乗り越えてくれるだろう。

最初こそカタいかもしれないが、必ず打ち解けたいい接客ができるはずである。

 

聞くところによると、お酒でやらかしているらしい。

趣味は飲酒だと公言しているが、気づいたら道路の上で寝ていたこともあるらしいのだ。

こんなかわいい子が道路で寝ていたら…

という妄想はさておき、スキを感じるエピソードだ。

 

男性とは、スキに弱い生き物だと思う、私は。

一見カタい人が実はそうではないというギャップは、非常に魅力的である。

もう完全なる主観であるが、お酒に酔う人は何だか仲良くなれそうな気がする。

なんか、いい。

 

さらに、特技として楽器が弾けるらしい。

聞き慣れない横文字ばかりで覚えていないが、4種類はいけるらしい。

楽器が得意というのは、男心として何かグッとくるものがある。

 

まだよくも悪くも初々しい接客である。

施術に関しても、女性向けから男性向けにシフトチェンジしているところである。

だからこそ、将来有望な逸材を青田刈りのつもりで早めに取り込んでいただければと思う。

私自身も知らない魅力が溢れてくる予感しかしない。

早めの時間の出勤が主になるだろうが、時間が合う方は先物買いをしてもらいたい。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

 

2021年4月19日 4:38 AM えりか

「えりか」はフランジパニのエステティシャンである。

「えりか」はフランジパニの妹キャラでもある。

ルックス的なことをいうと、黒髪で小柄、色白で華奢だ。

清楚系もしくはロリ系と思っていただいて差し支えない。

目がキラキラしていて、いつもニコニコしている。

そして、距離感が近い。

物理的にも、精神的にも近い。

初めて会ったときからボディタッチが多く、ヘタするとそのまま腕を組んで歩き出しそうな勢いだった。

「えりか」自身、ハグが好きだと公言しているくらいだ。

普通、それなりに仲が良くないとできないと思う。

「あれ、そんなに仲良かったっけ?」

つい錯覚してしまう子だ。

しかし、決してイヤな気分にはならない。

むしろテンションが上がる。

「あー、こんな妹がいたらなぁ」

そんな気持ちにさせられる。

そんな「えりか」であるが、接客は問題なさそうである。

普段は口数が多めの楽しい子だが、研修中は一生懸命施術をしていた。

マッサージ中、気持ちよくてウトウトしてしまう時があると思う。

そんなときは安らかで心地よい雰囲気を味わわせてくれるだろう。

そう、「えりか」は空気が読めるエステティシャンなのだ。

エラいぞ「えりか」!

……こちらまで妹を見守るお兄ちゃんになった気分になってしまうのである。

施術に関しては、素人である。

ただ、筋はいい。

華奢な体のどこにそんなパワーがあるのだろう?というくらいの圧をかけてくれる。

「フランジパニ」の水準に達する程度には上手である。

そして、妹キャラにマッサージをしてもらうというのはいいものだ。

男なら誰でも一度は妄想するであろう。

かわいい妹とあんなことやこんなことをするシチュエーションを。

その一つが叶えられるに違いない。

と、ここで大事なことをお伝えしなければならない。

「えりか」はEカップである。

大事なことなのでもう一度言う。

「えりか」はEカップなのである。

華奢な体には少し不釣り合いな豊かさである。

定食を頼んだらご飯がドンブリで出てきたような衝撃である。

食べたものが全て胸につくのだろうか。

妹キャラというと、貧乳を連想される方もいるかと思われる。

しかし、「えりか」はそうではない。

その点はご注意いただきたい。

改めて情報を整理してみよう。

距離感が近く、ハグ好きでボディタッチの多い女の子。

その子の胸が突起しているのならば……

事故が起こるのは必然である。

ヘンな日本語であるが、男にとっての至福の瞬間は必ず訪れると思われる。

ぱふぱふという単語に夢を見てしまう我々が、ぽよーんと音が鳴りそうなその瞬間を待ち望まないなんてことがあるのだろうか。

けしからん!

実にけしからんおっぱいだ!

ありがとう!

そう言いたくもなると思う(笑)

「フランジパニ」の衣装はいいカンジにボディラインが分かっていいのだが。

こと「えりか」に関しては、セーラー服や体操服あたりを少し着せてみたい気分になった。

そんな店長の気持ちは、「えりか」にお会いしていただければお分かりいただけると思う。

最後に、タイプ的な話をしておこうと思う。

年下、ロリ、清楚、小柄、スレンダー、人懐っこいといったあたりの単語に魅力を感じる方には間違いなく超オススメである。

逆に、熟女とかぽっちゃり、淑女やギャル、女王様といった趣味趣向の方には正直薦めづらい。

しかし、そんな方でも気分を変えたいときにはぜひお試しいただきたい。

対極の世界で新たな悦楽を発見していただける自信はあるから。

こんな「えりか」ですが、どうかよろしくお願いします。
(妹を送り出す兄のような気分になってしまった)

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2021年4月9日 6:14 AM こはる

「こはる」はフランジパニのエステティシャンである。

そして「こはる」はがんばりやさんである。

 

論より証拠。

がんばりやさんであるのは、シフトを見れば一目瞭然だ。

平日の夜、毎日のように出勤してくれる。

社会人であるにもかかわらず、だ。

「こはる」の日常を想像してみる。

朝仕事に出て、夕方仕事が終わる。

その後「フランジパニ」で深夜まで働く。

……すごいとしか言いようがない。

 

そんな「こはる」であるが、やはり真面目な性格である。

礼儀正しく、人当たりが非常によい。

その笑顔は非常にかわいらしく、一瞬で心を掴まれるだろう。

がんばりやさんとか真面目だとかいうと、ちょっと冴えないエステティシャンを想像した方もいらっしゃるかもしれない。

だが、「こはる」に関しては心配無用である。

ちゃんと、かわいい笑

笑顔が良いのもあるが、ぱっと見で「あ、かわいいな」と思っていただける女性だ。

そして、一生懸命である。

 

施術を受けていただければ分かる。

丹念に、丁寧にマッサージをしてくれる。

実に献身的だ。

気持ちが入っていないマッサージを受ける時間は苦痛であるが、それが一切ない。

さらに、気遣いができる。

普段からよく気がきく。

性格からなのか社会人だからかは分からない。

ただ、本人が言うには「困った人のことは放っておけない」とのことらしい。

こういう性格なので、ダメな男に引っかからないか他人事ながらに心配している。

 

今のライフスタイルならば遊ぶヒマがない分、大丈夫そうではある。

そうなると、異性との交流は接客がほぼ全てということになろう。

いいお客様と巡り合って、男性を見る目を養ってほしいと願う。

逆に、お客様には一生懸命尽くされる喜びを味わっていただきたい。

全力の歓迎からはじまり、快適な空気、心地良いマッサージ。

こんな幸せなことはそうそうない、と思う。

がんばりやさんの真髄は一生懸命、真面目に尽くすことにある。

言葉にするのは簡単だが、実際の接客ではなかなかお目にかかれない。

出会うのが難しいこの幸せをぜひ味わっていただければ嬉しく思う。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年8月31日 4:48 AM らいむ

「らいむ」はフランジパニのエステティシャンである。

 

珍しい名前である。

彼女が望んだ名前だ。

ライムと言えば、ジントニックが思い起こされる。

そして、ジントニックと言えば、酒場ではバーテンダーの力量が試されるお酒だ。

「らいむ」を紹介する立場としては、お店を見定められるようで少し緊張する。

なんで「らいむ」という名前がいいか聞いてみても彼女はこう答えるだけだった。

「なんか珍しくていいじゃないですか」

何だか突拍子もないことを言いますね、あなた。

 

そんな「らいむ」、実はメッチャいい子である。

「実は」

これが大きなポイントなのである。

「実は」が伝わるまでに少し時間がかかると思われる。

どういうことかをこれからお伝えしたい。

 

面接に現れた「らいむ」は、美人ではあるが率直に言って不愛想に感じた。

会話を始めても、何だか素っ気ない。

でも、拒絶されてるわけでもない。

そんな、不思議な感覚にさせられた。

彼女が言うには、人見知りらしい。

緊張しているらしい。

なるほど、と思いかけた。

 

その次に彼女が言ったのはこうだった。

「大阪のノリが大好きで、移住まで考えてます」

なんでやねん!

思わず心の中で叫んでしまった。

人見知りなのに、大阪って一番キツいやん。

 

そんな感想も知らずに、「らいむ」は続ける。

「グイグイ来られるの、めっちゃ好きなんですよ」

よかった、拒絶されてなくて(笑)

そう分かってからは、徐々に笑顔が引き出せるようになってきた。

笑うととてもかわいい。

いい子である。

 

いい子だと気付くまでに小一時間かかった。

しかし、これはいいことでもあると思う。

最初だけいい人よりは、後からいい人だと思える人の方が信じられるものだ。

というわけで、「らいむ」を紹介するのには少しドキドキする。

彼女の良さが伝わってくれるか、祈るような気分だからだ。

ただ、打ち解けさえすれば、見返りはとても大きい。

美人だし、性格がいいし、面白い子だから。

 

研修をして思ったのは、マッサージに気持ちがこもっていることだ。

不機嫌にも見えるのに、額に汗して一生懸命つくしてくれる。

なんでやねん(笑)

大阪というより、ツッコミが得意な方にふさわしいと思われる。

ツッコミどころが多いから。

 

そんなことを考えると、おもむろに「らいむ」がこんなことを言った。

「私、めっちゃくちゃ胸がキレイなんです!」

サイトをご覧の皆様はお分かりいただけるかと思う。

当店の衣装はホットパンツというところに特徴がある。

強調されるのは、お尻だ。

なんでこのタイミングでそれを言い出したのかが疑問だ(笑)

そして、このコンセプトにしたことを初めて少しだけ悔やんだ。

しかし、キレイな方がいいに決まっているのでお伝えさせていただきます。

「らいむ」は胸がキレイだ。

残念ながら確認はできていないが。

 

最後に繰り返す。

「らいむ」はメッチャいい子である、実は。

彼女が面接の最後に言った言葉を覚えている。

「今日はお時間いただいて本当にありがとうございました」

それが言える彼女だから、接客の最後にはこう言っているのだろう。

「今日はお越しくださって本当にありがとうございました」

それって、めっちゃええ子やん。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2019年3月20日 6:07 PM みゆり

「みゆり」はフランジパニのエステティシャンである。

 

「色っぽい」

彼女を表現するのにしっくりくる一言だ。

タイプとしては、博多美人というより京美人っぽい。

非情に綺麗な顔立ちであり、細身でスレンダーである。

そして、動作がゆったりとしている。

決してトロいということではない。

ムダがなく、洗練された動き。

立ち振る舞いが美しい。

実にエレガントだ。

話し方も同様で、甘い口調が男心をくすぐる。

本人は「よくおっとりしてるってバカにされます」と言っているが。

舞妓さんは、こういう女性がなるのだろうかと思った。

舞妓さんに遭遇したことがないのでよく分からないが。

おっとりとはしているが、受け答えはとてもしっかりしている。

バカにされるとは言うが、全然バカでないことはすぐに分かる。

むしろ、どう考えても賢い。

高級クラブのホステスの如く、様々なジャンルの内容を拾ってくれる。

いや、高級クラブに行ったことがないのでよく分からないが。

そして、プライベートのことを多く語ろうとしない。

聞いたところで、いい具合に「フフフ」と笑ってかわされる。

ミステリアスである。

いい女とは、こういう女性のことを言うのだろう。

「もっと知りたい」という欲求にかられるかもしれない。

そう思ったら、すかさず「みゆり」を予約してほしい(笑)

男性&女性向けにリラクゼーションマッサージをした経験があるとのこと。

吸いついて包み込むような手さばき。

そして細やかな気遣いはそこで鍛えられたのだろう。

とても優雅で、まるで王様にでもなった気分にさせてくれる。

リラクゼーションとはこういうことかと教えてくれるセラピストだ。

メンズエステの経験がない、もしくは少ない方にこそ施術を受けてもらいたい。

必ずメンズエステの良さをお分かりいただけると自信を持って送り出せるエステティシャンである。

メンズエステの王道、癒しのひと時をぜひ体験してもらいたい

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

お部屋は、キッテ・マルイ近辺、
博多消防署近辺、リッツファイブ近辺です!!

いそいでいそいで〜

思っていたより電話が鳴らない。誰か助けてください。

営業中のおさぼりにもどうぞ^^

営業中の休憩にどうぞ