受付時間:12時~24時(日曜日定休日)

080-3228-3980

News Information

2020年10月28日 7:10 PM あやの

「あやの」はフランジパニのエステティシャンである。

 

突然であるが、「写メ日記」について考えたことはあるだろうか。

私も何かお店を利用する際、見れる時は写メ日記を見る。

写メを見てルックスを想像し、文章を見て何となく性格を妄想する。

お店のホームページだけでは分からない、貴重な情報源である。

見ないと損をする、見て損はない、そんな存在だ。

 

「あやの」の写メ日記についてである。

写メ日記であるから、やはり写メに目に行く。

チェックして思ったのは

色白っ!

スタイルいい!

ということだ。

もちろんプロフィール写真もそれが伝わるようにしている。

だが、自撮りで見せられると改めてその魅力が伝わってくる。

初見であれば、「絶対かわいいやん!」と予想するレベルである。

実際のところ、その予想を裏切らないかわいさである。

 

さらに、日記の文章である。

愛想が悪く見えないよう、絵文字がふんだんに使われている。

よく見ると、意味がちょっとズレていることがあるのがかわいい(笑)

内容はコンパクトである。

しかしその中にも、会ったとき話題にできるような近況が書かれている。

さりげなくお客様への感謝メッセージが込められているのもポイントが高い。

つまり、「あやの」の写メ日記には喜んでもらおうという気遣いが凝縮されているのだ。

性格の良さがにじみ出ている、素晴らしい内容である。

 

もう一つお伝えしたいことがある。

それは、日記の更新頻度である。

入店依頼、「あやの」はハイペースで写メ日記をあげてくれている。

実はこれ、地味に大変なことなのである。

SNSと違って、誰が見ているか手ごたえがない。

別に写メ日記をアップしたからといってお金になるわけではない。

写メ日記だから、毎回新しい写真を用意しなければならない。

つまり、めんどくさい作業なのだ。

人に喜んでもらいたい気持ちが強くなければ、なかなか続かない。

 

経験上、それを苦にせずやれる子はとてもいい子である。

何となく想像していただけるだろうか。

「あやの」は地道にがんばれる、努力家なのである。

喜んでもらいたいという、奉仕精神が強いエステティシャンである。

その精神があってか、研修の最初からマッサージはうまかった。

しかも努力家らしく、向上心がある。

これからどんどん施術も上手になっていくだろう。

「フランジパニ」の期待の星である。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年9月10日 6:34 AM きぃ

「きぃ」はフランジパニのエステティシャンである。

 

とにかく、かわいい。

言うことなしである。

太鼓判(スタンプ)を作って、画像として貼り付けたいくらいだ。

しかし今は、太鼓判の画像よりは「きぃ」の情報を伝えるべきである。

まずルックスであるが、ニコニコしている。

笑顔に引き込まれてしまうだろう。

そして話していくうちに気づくはずだ。

「あ、この子美人じゃん」と。

なので、会った時より別れ際の方がカワイイと感じるだろう。

一流の物は使えば使う程価値を感じるが、まさにその感覚である。

次に内面であるが、『くぅ~』となるかわいさである。

『くぅ~』を解説したいがために一つエピソードをご紹介する。

 

研修時のことである。

プロフィール写真を撮る必要があるので、ホットパンツをはいてもらった。

別室で着替えているので、声をかける。

返事はかえってくるのだが、一向に部屋に入って来ない。

5分、10分…

時は流れる。

「どうしたの?」と聞くと返ってきたのは

「恥ずかしいです///」

「///」が見えるようなかわいさだった。

「大丈夫だからおいで」と言うと、ようやく来た。

モジモジしている。

写真を撮るために、後ろを向いてと指示をする。

すると、「きゃっ><」と言って180度回転した。

次の瞬間、「きゃっ><」と言って180度回転した。

当然写真が撮れていないので、再度回転を促す。

すると「きゃっ><」と言って180度回転した。

またも「きゃっ><」と言って180度回転した。

「ダメです、恥ずかしいです///」

店長としての仕事を一瞬忘れてこう思った。

『なんなんだ、このかわいい生き物は』

こんな経緯だったので、プロフィール画像を撮るのにはかなり時間がかかった。

 

スタイルはご覧の通り、スレンダーである。

もし自分が「きぃ」であれば、見せびらかしたいと思うくらいいいスタイルだと思う。

もちろん彼女は恥ずかしくてそんなことはできないのだが。

一例をご紹介したが、結局何をしてもかわいい。

男心のツボを知ってか知らずか、高橋名人のように連打してくる。

マッサージに関しては、初心者にしては十分うまい。

ただ、まだ自信が持てていないようで、研修中も「これで合ってますか?」としきりに聞かれた。

きっと施術中も「これどうですか?」「ここどうですか?」といっぱい聞いているのが想像につく。

それもまたかわいい。

 

ずっと接すると好きになりそうである。

そうはならないように、世のため人のためお客様のため、彼女には接客をしてもらおう。

もし「好きガマン選手権」があれば、「きぃ」は日本代表になれる逸材だろう。

おそらく、施術が終わると同時に次回の予約を取ってしまう勢いになるだろう。

「きぃ」の笑顔、可愛さでテンション上がっていただければ幸いである。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年9月3日 5:26 PM りりか

「りりか」はフランジパニのエステティシャンである。

 

まずお伝えしたいのは、美人である。

真っ先に言うくらいなので、信じてもらいたい。

と同時に、たぶん天然である。(本人は否定している)

なので、かわいくてちょっとボケた子が好きな方には最高である。

美人で色白でスタイルもよい。

なので、こちらとしては褒め言葉のつもりで声をかけてみた。

「ハーフっぽいよね」

すると「りりか」はこう答えた。

「はい、中国とか韓国とかフィリピンとかよく言われます」

すこし落ち込んでいた。

「いやいや、欧米っぽいって意味で言ったんだけど」

するととたんに喜びだした。

こういう子である。

ちなみに、アジア系のハーフには見えない。

 

趣味を聞いてみた。

「カフェ言ったり、飲みに行ったりです」

「最近飲みすぎてしんどいです」

「こないだも記憶がなくなって…あ、お持ち帰りはされてませんよ」

私は趣味しか聞いていない(笑)

奔放と言うべきなのだろうか。

 

突然笑いだしたりもする。

なぜ笑っているかを聞いても、本人も分かっていないようだ。

ここまで読んで、悪口のように感じられた方もいらっしゃるかもしれない。

だが、違うのだ。

かわいいと全て許せるのだ。

しゃべり方も何というか、甘ったるい。

接客的にはどうかとも思うのだが、それすらむしろ魅力的に思えてしまう。

 

「りりか」を語る上で一番のフレーズ、結局それは

「かわいいは、正義」

この一言に他ならない。

かわいくて、ちょっと甘えた感じで、笑顔の絶えない子。

最高である。

男性の鼻の下を伸ばす才能に長けていると思う。

マッサージは…まだこれからである。

施術しながらキャッキャしている様子が目に浮かぶ。

それもまたかわいい(笑)

かわいい子と二人きりで話せること。

かわいい子がボディタッチしてくれること。

かわいさって、圧倒的な威力だなと感じるはずである。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年8月31日 4:48 AM らいむ

「らいむ」はフランジパニのエステティシャンである。

 

珍しい名前である。

彼女が望んだ名前だ。

ライムと言えば、ジントニックが思い起こされる。

そして、ジントニックと言えば、酒場ではバーテンダーの力量が試されるお酒だ。

「らいむ」を紹介する立場としては、お店を見定められるようで少し緊張する。

なんで「らいむ」という名前がいいか聞いてみても彼女はこう答えるだけだった。

「なんか珍しくていいじゃないですか」

何だか突拍子もないことを言いますね、あなた。

 

そんな「らいむ」、実はメッチャいい子である。

「実は」

これが大きなポイントなのである。

「実は」が伝わるまでに少し時間がかかると思われる。

どういうことかをこれからお伝えしたい。

 

面接に現れた「らいむ」は、美人ではあるが率直に言って不愛想に感じた。

会話を始めても、何だか素っ気ない。

でも、拒絶されてるわけでもない。

そんな、不思議な感覚にさせられた。

彼女が言うには、人見知りらしい。

緊張しているらしい。

なるほど、と思いかけた。

 

その次に彼女が言ったのはこうだった。

「大阪のノリが大好きで、移住まで考えてます」

なんでやねん!

思わず心の中で叫んでしまった。

人見知りなのに、大阪って一番キツいやん。

 

そんな感想も知らずに、「らいむ」は続ける。

「グイグイ来られるの、めっちゃ好きなんですよ」

よかった、拒絶されてなくて(笑)

そう分かってからは、徐々に笑顔が引き出せるようになってきた。

笑うととてもかわいい。

いい子である。

 

いい子だと気付くまでに小一時間かかった。

しかし、これはいいことでもあると思う。

最初だけいい人よりは、後からいい人だと思える人の方が信じられるものだ。

というわけで、「らいむ」を紹介するのには少しドキドキする。

彼女の良さが伝わってくれるか、祈るような気分だからだ。

ただ、打ち解けさえすれば、見返りはとても大きい。

美人だし、性格がいいし、面白い子だから。

 

研修をして思ったのは、マッサージに気持ちがこもっていることだ。

不機嫌にも見えるのに、額に汗して一生懸命つくしてくれる。

なんでやねん(笑)

大阪というより、ツッコミが得意な方にふさわしいと思われる。

ツッコミどころが多いから。

 

そんなことを考えると、おもむろに「らいむ」がこんなことを言った。

「私、めっちゃくちゃ胸がキレイなんです!」

サイトをご覧の皆様はお分かりいただけるかと思う。

当店の衣装はホットパンツというところに特徴がある。

強調されるのは、お尻だ。

なんでこのタイミングでそれを言い出したのかが疑問だ(笑)

そして、このコンセプトにしたことを初めて少しだけ悔やんだ。

しかし、キレイな方がいいに決まっているのでお伝えさせていただきます。

「らいむ」は胸がキレイだ。

残念ながら確認はできていないが。

 

最後に繰り返す。

「らいむ」はメッチャいい子である、実は。

彼女が面接の最後に言った言葉を覚えている。

「今日はお時間いただいて本当にありがとうございました」

それが言える彼女だから、接客の最後にはこう言っているのだろう。

「今日はお越しくださって本当にありがとうございました」

それって、めっちゃええ子やん。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2020年8月13日 3:16 AM かな

「かな」はフランジパニのエステティシャンである。

 

「高嶺の花子さんかな?」

これが第一印象である。

キレイな顔立ち。

スラっと伸びた手足。

クールビューティである。

素晴らしいことだ。

 

だが、美人ならではの不安もあった。

「とっつきにくかったらどうしよう」

しかし、そんな不安は全くないようだ。

接客後、「かな」に感想を聞いてみた。

「かな」は言う。

「メチャメチャ楽しかったです!!!」

接客を楽しめるというのは強みだ。

楽しんでいることがお客様にも伝わる。

どちらもハッピーである。

そうなればフランジパニとしてもハッピーである。

 

さらに「かな」は言う。

「私、この仕事が向いてるかもしれません!」

実に素晴らしい。

仕事が向いているとはなかなか言えるものではない。

聞けば、男性の生態を知れて楽しいとのことだ。

男からしてみれば男性なんて単純な生き物であるが、彼女にはそうではないらしい。

みんな色んな個性があって、誰一人として同じ人はいないらしい。

当たり前っちゃ当たり前なのだが、目をキラキラして言われると説得力がある(笑)

 

あとは、何というか、砕けた話題が多いかもしれない。

正直書きづらいのだが、まぁ楽しいと思う(笑)

書けないことを匂わせている時点で面白いと感じ取っていただきたい。

 

美人で楽しい「かな」であるが、マッサージもしっかりしている。

それもそのはず、エステティシャンの経験もあるようだ。

その点についてもご安心いただきたい。

人を見た目で判断してはいけないと言うが、「かな」に関しては見た目で判断してはもったいない。

初めて顔を合わせた際「美人だな」と感じていただけると思う。

だがしかし、それでしゃべらないのはあまりにもったいない!

彼女の真の魅力は話してこそだ。

ぜひキラキラとした濃ゆいひとときをお楽しみいただきたい。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

お部屋は、キッテ・マルイ近辺、
博多消防署近辺、リッツファイブ近辺です!!

いそいでいそいで〜

思っていたより電話が鳴らない。誰か助けてください。

営業中のおさぼりにもどうぞ^^

営業中の休憩にどうぞ