受付時間:12時~24時

080-3228-3980

News Information

2021年9月1日 2:47 AM ありな

「ありな」はフランジパニのエステティシャンである。

 

まず前置きであるが、エステティシャンを紹介する順番として、

ルックス

性格

施術

と、お伝えすることを基本としている。

なぜならば、お客様が接客を受ける際、その順番で体験するはずだからである。

したがって、今回もルックスの部分から入っていくことになる。

通常、この部分は「かわいい」だとか、「美人」だとかそういう類の褒め言葉が並ぶ。

思った通りのことを書くので、間違いはないが、内容が似たようなものになってしまう感は正直否めない。
(かわいい子ばかり採用しているからそうなるのだ、と言い訳をしておく)

前置きが長くなってしまった。

肝心な「ありな」の容姿である。

ここまで引っ張ったので、もう誤解を恐れずに書いてしまおう。

色っぽい。

艶っぽい。

美人な顔立ちである。

ぷっくりとした唇。

艶やかな髪。

フェロモンムンムンだ!

思ったことを、ありのままに紹介するなら

顔が、エ○い

と言ってしまいたいところだ。

しかし、それって褒め言葉になるのだろうか。

「ありな」に失礼な気もする。

ということで、さすがにそれはやめておこう。

まとめると、

匂い立つ美女

となるであろう。

これは間違いない。

ところで、ルックスにはスタイルも含まれる。

これもまた「ありな」は特徴的だ。

本人が何も言わなければ「ただの」スレンダーな美女である。

ところが本人、コンプレックスを抱えているらしい。

本人の発言を再現してみる。

「私、メッチャお尻がデカいんですぅ~><

こんなんじゃ誰もお嫁にもらってくれない…」

だそうだ。

「フランジパニ」のホームページにアップされている画像をしげしげと眺めてみる。

「ありな」があげた写メ日記もまじまじと見つめてみる。

穴が開くほど凝視してみた。

結論は全く変わらない。

「ええケツしとるやん」

本人は引け目を感じているが、むしろプリっとした綺麗なお尻である。

ぜひ皆様も画像及び実物でご確認いただきたい。

おっきなお尻が好きな男性は一定数いるものだ。
(体感的には多いような気がしている)

大きめのお尻フェチの方には、それはもうたまらんケツだろう。

かぶりつきたくなるようなヒップである。
(痛いと思うので、もちろん実際にはやめていただきたい)

「お嫁にもらってくれない」なんて言っているくらいである。

「ありな」のお尻が好きな方は、その旨お伝えいただければワンチャンお嫁にもらえるかも…?

熱が入ってしまった。

性格に移ろう。

よく笑い、受け答えがしっかりしたいい子である。

美人であるがゆえに、黙っているとツンツンしてるように見える顔立ちではある。

しかし、笑顔を絶やさない。

いい子だ、優しい。

優しい女性にありがちな話であるが、ダメな男が寄ってくるらしい。

甘やかしてるからだろう、というのは本人には伝えずにおく。

接客において言えることは一つ。

尽くしてくれるということだ。

これが大事なことである。

性格面から考えて、快適な接客をしてくれることは目に見えている。

最後に施術である。

マッサージの経験はない。

しかし、快感を感じるツボといえばいいだろうか、気持ちよさを感じる内容である。

センスと言えばいいのだろうか、とにかく上手である。

尽くすタイプの人は、施術が上手な傾向にある。

「ありな」もそのタイプのようだ。

黙っていれば全く未経験だとは感じさせない。

マッサージに関しても安心していただければと思う。

エステティシャン紹介は、性格の部分にボリュームを割くことが多いのだが、今回はそうはならなかった。

「ありな」のルックスが良いにもかかわらず、間違った理解をされてしまいそうなところがあったからだ。

正確に伝わればいいなと思う。

要するに、美人で、スタイルが良くて、お尻が少し大きな女の子である。

最後の部分だけ「この頃はやりの女の子♪」ではないかもしれない。

しかし、流行など関係ない。

いつの時代でも通じる美人度、いい女度を誇っている。

出勤が主に週末の夜になると思う。

予約が取れる枠があまり多くないので、予約が困難になってくると思う。

週末のご褒美をお考えの方は、週の頭にでもご予約していただいた方がよいかもしれない。

ご褒美として、相応しい時間をお約束する。

乞うご期待!

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2021年8月9日 3:09 AM りお

「りお」はフランジパニのエステティシャンである。

 

ルックスは色白で小柄、かわいらしい子だ。

スタイルもよく、Tシャツの上から分かる、ほどよい胸の膨らみについ目がいってしまう。

目の保養になるだろう。

 

そして、女性向けのエステティシャンを経験している本格派だ。

人の肌に触れることに慣れており、施術が期待できる。

将来的にはエステを開業することを目指しており、意欲的でもある。

 

非常に整ったイメージを持たれる方もいるかもしれない。

そして、そのまま接客を受けるとこう思われるかもしれない。

『ちょっと、カタいかも?』

ちゃんとしてるからこそ、少し距離感を感じてしまう。

もしそう感じたとしても、心配はいらない。

単純な話で、緊張しているだけである。

初日の接客後はうまく接客できず、涙を流していた。

 

しかし、開業してやっていくには、新規客相手にも打ち解けなければならない。

将来に向けた志があるから、きっと乗り越えてくれるだろう。

最初こそカタいかもしれないが、必ず打ち解けたいい接客ができるはずである。

 

聞くところによると、お酒でやらかしているらしい。

趣味は飲酒だと公言しているが、気づいたら道路の上で寝ていたこともあるらしいのだ。

こんなかわいい子が道路で寝ていたら…

という妄想はさておき、スキを感じるエピソードだ。

 

男性とは、スキに弱い生き物だと思う、私は。

一見カタい人が実はそうではないというギャップは、非常に魅力的である。

もう完全なる主観であるが、お酒に酔う人は何だか仲良くなれそうな気がする。

なんか、いい。

 

さらに、特技として楽器が弾けるらしい。

聞き慣れない横文字ばかりで覚えていないが、4種類はいけるらしい。

楽器が得意というのは、男心として何かグッとくるものがある。

 

まだよくも悪くも初々しい接客である。

施術に関しても、女性向けから男性向けにシフトチェンジしているところである。

だからこそ、将来有望な逸材を青田刈りのつもりで早めに取り込んでいただければと思う。

私自身も知らない魅力が溢れてくる予感しかしない。

早めの時間の出勤が主になるだろうが、時間が合う方は先物買いをしてもらいたい。

 

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

 

2021年2月15日 6:55 AM ななみ

「ななみ」はフランジパニのエステティシャンである。

 

メンズエステのエステティシャンに求められるものを考えてみる。

トークスキル?

あった方がいい。

マッサージの技術?

もちろんあった方がいい。

色気?

これもあった方がいい。

色々あるのだが、結局メンズエステが提供すべきものは

【やすらぎ】

【ときめき】

に集約されると思っている。

そして、「ななみ」はそれらを両方感じていただけるエステティシャンである。

 

まず、「ななみ」は愛想がいい。

そもそもフランジパニのエステティシャンは全員愛想がいい。

わざわざ特筆するということは、めちゃくちゃ愛想がいいということだ。

ニコニコした顔は、まぶしい。

玄関を開けて顔を合わせた瞬間、「ボンっ」と胸の奥が爆発しそうになるはずだ。

暗い気持ちで癒しを求めてこられたお客様は、この瞬間に目的達成である。

しかしそれだけではもったいないので、時間いっぱいまで楽しんでいただきたい。

まぁすごい破壊力のある笑顔である。

ときめきを秒で与えるエステティシャンだ。

ルンルン気分で接客を受けていただくと、いよいよ施術タイムとなる。

彼女の笑顔は全く絶えない。

 

施術中、なかなかエステティシャンの顔は見えない。

見えない間にすっごいヘンな顔をしているエステティシャンはいるのだろうか。

長年の疑問である。

しかし、その疑問は今はどうでもいい。

「ななみ」の場合、いつでもニコニコしている。

それゆえに、たまに目が合った瞬間に心が温かくなる。

今度は笑顔でやすらぎを与えてくれるわけだ。

お客様を魅了するエステティシャンである。

 

笑顔に圧倒される可能性があるので、他の情報も事前にお伝えしておきたい。

まず、かわいい。

笑顔の印象しか残らない可能性が高いが、美人である。

スタイルもいい。

マッサージもちゃんと上手だ。

丁寧にコミュニケーションを取りながら、的確に応えてくれる。

ハイスペックなエステティシャンなのだ。

かわいいは正義だという。

であれば、かわいいを求めることもまた正義であろう。

したがって、「ななみ」を予約することは正義である。

何の罪悪感も感じず、お問い合わせいただきたい。

「ななみ」の笑顔にたどり着けば、正解だったと確信するはずである。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

 

 

2020年9月3日 5:26 PM りりか

「りりか」はフランジパニのエステティシャンである。

 

まずお伝えしたいのは、美人である。

真っ先に言うくらいなので、信じてもらいたい。

と同時に、たぶん天然である。(本人は否定している)

なので、かわいくてちょっとボケた子が好きな方には最高である。

美人で色白でスタイルもよい。

なので、こちらとしては褒め言葉のつもりで声をかけてみた。

「ハーフっぽいよね」

すると「りりか」はこう答えた。

「はい、中国とか韓国とかフィリピンとかよく言われます」

すこし落ち込んでいた。

「いやいや、欧米っぽいって意味で言ったんだけど」

するととたんに喜びだした。

こういう子である。

ちなみに、アジア系のハーフには見えない。

 

趣味を聞いてみた。

「カフェ言ったり、飲みに行ったりです」

「最近飲みすぎてしんどいです」

「こないだも記憶がなくなって…あ、お持ち帰りはされてませんよ」

私は趣味しか聞いていない(笑)

奔放と言うべきなのだろうか。

 

突然笑いだしたりもする。

なぜ笑っているかを聞いても、本人も分かっていないようだ。

ここまで読んで、悪口のように感じられた方もいらっしゃるかもしれない。

だが、違うのだ。

かわいいと全て許せるのだ。

しゃべり方も何というか、甘ったるい。

接客的にはどうかとも思うのだが、それすらむしろ魅力的に思えてしまう。

 

「りりか」を語る上で一番のフレーズ、結局それは

「かわいいは、正義」

この一言に他ならない。

かわいくて、ちょっと甘えた感じで、笑顔の絶えない子。

最高である。

男性の鼻の下を伸ばす才能に長けていると思う。

マッサージは…まだこれからである。

施術しながらキャッキャしている様子が目に浮かぶ。

それもまたかわいい(笑)

かわいい子と二人きりで話せること。

かわいい子がボディタッチしてくれること。

かわいさって、圧倒的な威力だなと感じるはずである。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

2019年8月24日 6:52 AM けい

「けい」はフランジパニのエステティシャンである。

面接の待ち合わせはいつもドキドキする。

無論、初対面だからである。

しかし、「けい」の時は別のドキドキを味わった。

大人びている。

何というか、ちゃんとしているのだ。

女子大生と聞いていたので、少し油断していたのかもしれない。

色っぽい上に丁寧だったので、思わずかしこまってしまった。

「なんかすいません」

口にはしなかったが、心の中でつぶやいたのだった。

さて、そんな彼女であるが、丁寧なだけではない。

話していくと、どんどん会話が盛り上がっていくのだ。

ニコニコ笑って話を聞いてくれるし、自分のことも話してくれたりする。

心のカベを感じないのだ。

無邪気なのである。もちろん良い意味で。

マッサージにもそれは表れている。

あらゆる箇所を丁寧に、抜かりなくマッサージしてくれる。

触れていない場所がないのでは?というくらい丁寧だ。

それでいて、無邪気!

人の体を反射させては、笑っていたりもする。

ビックリさせられる。もちろん良い意味で。

さらに、人のことを思いやれる女性だ。

一例を挙げる。

施術中、エステティシャンとお客様の体感温度には結構ズレが生じやすい。

動くエステティシャンは熱くなる。

お客様は動かないうえに、オイルが蒸発する際に気化熱を奪われるため冷えてしまう。

そこで発生するのがエアコンの温度調整という問題である。

男性サイドからすると、暑がるエステティシャンを見るとやせ我慢してしまいがちだ。

結果、施術の終盤ともなると凍えて全然集中できないという残念な事態に見舞われることもある。

メンズエステあるあるである。

だが、「けい」は違う。

お客様に快適に過ごしてもらいたいという気持ちが強いのだろう。

きちんとコミュニケーションを取って、お客様にとってバッチリな室温に調整する。

結果、どうなるか。

ご想像の通り、彼女は汗だくになりがちである。

尽くす女だな、と思う。

色っぽい、大人っぽい。

丁寧で、思いやりのある、尽くせる女性。

魅力的なエステティシャン、「けい」を是非お試しいただければと思う。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

お部屋は、キッテ・マルイ近辺、
博多消防署近辺、リッツファイブ近辺です!!

いそいでいそいで〜

思っていたより電話が鳴らない。誰か助けてください。

営業中のおさぼりにもどうぞ^^

営業中の休憩にどうぞ