THERAPIST

レム

24歳 T156 / B82(C) / W60 / H87

「レム」はフランジパニのエステティシャンである。

 

そしてライバーである。

ここでいうライバーとは、ライブ配信を行う人の事を指している。

雑談系らしいが、長い間しているらしい。

指名してくれたら、どこでやっているか教えてくれるとのことだ。

 

これは【会いにいけるアイドル】ではないか!

 

普段はオンライン上でしか見れないはずの女の子が個室で、1対1で、自分のためだけに話してくれる。

さらにマッサージまでしてくれる!

こんな贅沢なことはあるだろうか?

 

【ライバーのマッサージ】

 

アツい響きである。

もちろんその様子は配信されないのでご安心いただきたい。

 

そして、ライバーの性なのであろう。

写メ日記、Twitterの更新がべらぼうに多い。

店としてはありがたいが、それにしてもすごい更新頻度だ。

しかし当の本人はケロっとしている。

当たり前のことのようにやっている。

さすがの一言である。

性格やスタイルはそこから伝わると思う。

なので、そこには出ないであろう情報をお伝えしておこうと思う。

 

「レム」は美意識が高い。

趣味は自分でネイルをすることらしい。

ネイルにこだわる子は自分で身なりをきちんと整えてくれるので安心である。

そして「レム」はきっと好奇心旺盛である。

普段の仕事は何と、建設業なのだ。

まさかのガテン系!

初めて聞いたとき、耳を疑った。

肉体労働がこの子に務まるのだろうかと。

ネイルとのギャップがハンパない。

画像の通り、別にゴリマッチョというわけではない。

しかしながら本人曰く、体を動かすのはストレス発散になるらしい。

なんで力仕事を選んだのか聞いてみた。

「女性が男性の仕事をしてるのって、カッコよくないですか?」

と言われた。

確かにカッコいい。

しかし大変だろう。

むしろマッサージしてもらいたい立場であろう。

 

この仕事を選んだのもそういうきっかけとのことだ。

マッサージに詳しくなりたいという思いが強い。

まだ初心者だが、研修からメモを取って一生懸命取り組んでいる。

こういう子は上達が早い。

施術は特に問題ないはずだ。

また、男性社会に飛び込むだけあって、負けず嫌いである。

そういう点も成長の速さ、接客姿勢に繋がってくる。

Twitterまでするくらい営業活動にも熱心だ。

将来有望なエステティシャンである。

マジメなことも書いてきた。

ここまでを一言で表現すると

 

【会いにいけるガテン系エステティシャン】

 

となる。

意味が分からなくなった。

むしろ魅力が感じられない。

改めて魅力をお伝えしよう。

お客様の立場になったとき、きっとそそるのは「ライバー」だと思う。

本来ネット上でしか見れない女の子。

その子に会えるとは、例えばアイドルの握手会に参加するようなものだろうか。

 

想像してみてもらいたい。

いいなと思ったアイドルが!

握手どころか!!

自分のカラダに触れてくれる!!!

しかも長時間!!!!

ホットパンツで!!!!!

密室で二人きり!!!!!!

…書いていて、とてつもなく贅沢な気がしてきた。

つまり、「レム」を指名するとはそういうことなのである。

ヴァーチャルと現実をも行き来する。

メンズエステも新たなステージに到達したのかもしれない。

 

※女の子は写真のホットパンツ(短パン)姿で施術いたします。

今フラパンをチェックしています

5人